アイケアは現代人は必須!今すぐ出来るアイケアの方法

外側から行うアイケア

目元

今すぐ出来る疲れ目解消方法!

アイケアは、外から働きかけて疲れ目を解消させていく方法があります。その1つとして、直接目に栄養を取り込める目薬がおすすめです。アイケアでも目薬は取り入れやすい方法の1つです。目薬を使うことで、栄養分や水分を補い、疲れ目によるドライアイなどを緩和してくれます。ですが、正しく使用しなければ効果も半減しますので、より効果的な目薬のさし方を知っておきましょう。まず、清潔な手でさすことが鉄則です。さした後にまばたきをしたくなりますがここは我慢しましょう。まぶたを閉じて、目頭を軽く人差し指と親指でつまむように押さえます。これは目薬の栄養分や水分が外に流れないようにするためです。後は、清潔なティッシュで拭き取ればOK です。目薬にも色々なタイプがあります。爽快感のあるタイプやしみないタイプ、潤い重視のタイプなど自身の好みに合わせて使って見てください。どれを使えばいいかわからない場合は、インターネットで口コミを調べたり、身近な人に聞いてみたりしてください。
もう1つ紹介するアイケアは、いつでもどこでも出来る方法です。それはツボを押して目の疲れを解消する方法です。目の周辺にはたくさんの疲れ目に効くツボがあります。その1つに、晴明というツボがあります。目頭のところにあるツボで、目が疲れている時に押すと圧痛を感じます。ここを軽く押してほぐすと目の疲れがとれ、軽くなった感じがします。涙を促す作用もあるので、しょぼしょぼした時や乾きを感じた時に押してみてください。ですが、目はデリケートな部分なので、強く押しすぎないように注意が必要です。
ここでご紹介したアイケアの方法は簡単に出来て場所も選ばないので、今すぐ取り入れてみてください。